ハネウェル・コネクティッド・プラント

  • HOME »
  • ハネウェル・コネクティッド・プラント

ハネウェル・コネクティッド・プラント

Honeywell Connected Plant (HCP)

現在先進国のプラント製造業は様々な課題に直面しています。日本においては、日増しに増えている労働人口の高齢化と高度経済成長期に作られたプラントの老朽化が課題になりつつあります。また90年代初頭から加速度的に発展してきたIT技術の革新はInternet of Things(IoT)となり、様々な技術革新がおきています。IoTはオペレーション・テクノロジー(OT)との融合ができるレベルに達しており、Industrial IoT(IIoT)として製造業の革新が始まろうとしています。1906年の会社創設以来プロセス制御に携わってきたハネウェルでは、お客さまの抱える課題解決のためにIIoTに対応した製品とサービスを提供しています。

Honeywell の IIOT はリアルワールドアプローチ


Connected PlantはConnected Asset、Connected Process、Connected People、Connected Enterpriseの4ソリューションから構成されます。Connected Assetはプラント設備から作り出される膨大なデータを有効に活用してより効率的な設備管理を行うため解析を提供し、Connected Processはクラウドベースのサービスによりプラントのパフォーマンスを最大限に引き出せる解析を提供します。Connected Peopleはモバイル技術と拡張現実技術を応用してプラント作業員の生産性とコンピテンシーを一元管理し保守点検作業効率化をサポートします。Connected Enterpriseは地理的に離れた制御機器を一元的に監視制御するサービスを提供します。Connected Asset、Connected Process、Connected People、Connected Enterpriseはプライベート/パブリック両方のクラウド上での運用が可能です。

コネクティッド・アセット

Connected Asset

Connected AssetConnected Assetはリアルタイム状態監視において、リアルタイムに近い間隔で状態監視保全をサポートします。センサ、DCSからのアラーム/イベント情報を設定したデータモデルと解析手法を使って刻々と変化する設備の状況を把握し判明した今後起こり得る事象を予兆アラーム/イベントとして可視化し関係部署で情報を共有できるようにします。

コネクティッド・ピープル

Connected People

Connected PeopleConnected Peopleは保守点検作業、作業オーダ管理、在庫/部品管理等のメンテナンス管理への新しいアプローチとしてスマートフォン、拡張現実、ウェアブル等の最近のITテクノロジーを有効活用したソルーションです。

コネクティッド・プロセス

Connected Process

Connected ProcessConnected Processはプロセスのデータモデル(デジタルツイン)とクラウド環境を駆使してオペレーションを最適化するコネクトした解析を提供します。プラントデータの常時モニタリングと綿密なシミュレーション、目標のパフォーマンスを出すため有効と思われるアドバイスを随時提供することができます。

コネクティッド・エンタープライズ

Connected Enterprise

Connected ProcessConnected Enterpriseはプラント制御管理の分野ではExperion Elevateを使ってSCADAをクラウド環境で運用することで地理的に離れた制御機器を一元的に監視制御するサービスを提供できます。

お問い合わせ

PAGETOP