プラント全体のアセット管理とパフォーマンス劣化監視

プラント全体の故障検知・パフォーマンス劣化監視

Uniformance Asset Sentinel (UAS)

機器稼動率の測定、パフォーマンスと品質の様な総合設備効率 (OEE)は、多くのプロセス設備のキーとなる測定基準です。 OEEを最大にすることは、効率改善にとって極めて重要です。

しかしながら、多くの情報が不足する中でパフォーマンスを計算して計画外のキャパシティロスにつながる状況を予想することは解決すべき課題の1つです。

一般的に、このプロセスでは広範囲にわたる監視システムとメカニズム(自動、手動)から大量のデータを厳密に調べることが必要です。

これらは、様々なシステムやスプレッドシート、カスタム・ツール等を使用して実施しますが、データの氾濫により状況を複雑で難しく、結果として、悪化状況の予測・発見・管理機会を逃しています。またこの様なアプローチは、効率も悪く、複雑で、時間も掛かります。

Uniformance Asset Sentinelは、連続プロセスのプラント全体のパフォーマンスと機器健全性のリアルタイム監視環境を提供します。

単に機器の故障だけを集中監視しているシステムとは異なり、Uniformance Asset Sentinelは、潜在的な機器の問題を率先して示すパフォーマンス劣化を検知します。パフォーマンス悪化の最も初期の徴候と状況に対する適切な優先順位を示します。

初期の徴候を改善、対処する事により、パフォーマンス劣化の防止のみでなく、機器への二次損傷を最小にし、コストダウン、スループットの増加、高い利益率を確実にします。

主な機能

  • データアクセス
    Uniformance Asset Sentinelは、アセットの健全性やパフォーマンスの完全な表示に必要とされる様々なデータへのインターフェースをサポートします。

    • リアルタイム・データ (OPC-DA)
    • ヒストリ・データ (OPC-HDA)
    • イベント・データ (OPC-A&E)
    • リレーショナルデータ
    • ファイル・ベースのデータ

    これらは、様々なソースから情報にアクセスするための柔軟な「プラグイン」アーキテクチャーを提供します。それは、LABサンプル・データ、作業指示データ、オイル分析結果などを含むことが可能です。

  • 強力な計算エンジン
    Asset Sentinelは、複雑な統計計算とデータ操作を簡単に実行するために、使いやすい第4世代スクリプト言語をサポートします。プログラミング経験は必要なく、エンジニアのために設計されています。 計算は、データ変化に対してリアルタイムにも、スケジュールベースでも実行する事が可能です。
  • イベント検知と通知
    最速の注意とフォローアップを必要とする状況のためのUniformance Asset Sentinelのイベント検知機能は、トリガー警報や警告をチェックしユーザー定義のルールに従い確認する事が可能です。イベント情報は、状態の推薦された反応を含むことができるナレッジ・キャプチャーのメカニズムです。イベントが発生するとき、電子メール通知を実施したり、ワークフローを開始したり、メンテナンス管理システムに対して指示を出したりする事も可能です。

具体的なメリット

Uniformance Asset Sentinelは、広範囲にわたる利益と、ビジネスに意味のある抑制を加えます:

  • データは、よりスマートなオペレーションと メンテナンスのためのデジタル情報に変換
  • 率先的な決定は、プラントパフォーマンスと安全性を改善
  • 潜在的問題を予測し発見する事により、計画外ダウンタイムと生産高損失を回避
  • メンテナンス費は緊急事態を最小化すること により削減、結果として二次損傷を防止  ※アセット状態を知ることがメンテナンスの基本です。
  • エンジニアリング・チームは、データ検索の時間が削減される事により問題解決に多くの時間を費やす事が可能

お問い合わせ

PAGETOP