コネクテッド・ワーカー

コネクテッド・ワーカー

Connected Worker

現場の作業や配送員など、孤立した状況下で従事する作業者にとって、必要な情報をその場で入手できないことによる手順ミスや、両手を使った作業時には情報の参照や記録ができない、などの事情で正確で効率的な作業ができない場合があります。一方、作業を指示する側からは遠隔地での作業内容を詳細に把握できない、作業環境に関する情報が不足しており労働衛生面の配慮が届かない、などの懸念があります。そのため生産性よりも正確性・安全性を優先して、二人一組で作業を行うことが多くみられます。

ハネウェルのコネクテッド・ワーカー ソリューションは、主にモバイル機器とウエアラブルデバイスを通じて、一人で行動する作業員が素早く・正確に・安全により良い作業を遂行できるようサポートします。

<例>

  • GPS経由で作業員がプラント内あるいは担当地域のどこにいるかをリアルタイムで把握
  • ガス検知器が示す異常を制御室に通報
  • 作業員の動きをベースとしたコミュニケーションや作業内容の解析・改善
  • クラウドのデータベースを活用した作業の解析や現場支援


ハネウェルはIntelと共同で、センサーから得たデータの視える化や より高度な解析を含めたソリューションの提供を始めます。

コネクテッド・ワーカーの詳細はこちらにお問い合わせください。

お問い合わせ

PAGETOP