生産・製造実績管理及び生産支援

生産調整・在庫管理

Symphonite Production Accounting and Reconciliation (PAR)

Production Accountingは、流量又はボリュームベースの入出力と共にプラントや機器でのバランスを計算する事により、正確な報告と信頼できる生産データを測量/確認/調整するプロセスです。

Production Accountingは、機器エリア、プラント、特定原料等、複数の視点を持ちます。

簡単には、流量またはボリュームに基づいたプラントの入力と出力とのバランスをとるプロセスです。 複数視点でバランス計算を実行します。最も一般的には、設備内の原料の受入量が製品の出荷量に一致し、そして、全ての差分はインベントリの変化で説明できます。Accountingは、一つの機器、機器の装置範囲全体で、入力と出力のバランスを取る事も可能です。 又、設備を跨ぐユーティリティ(例:スチーム、燃料ガス等)の製造と消費を確認する事も可能です。

PARはプロセス装置の全てのアンバランスを確認し、入力、出力、インベントリを素早く取得して、修正する事が可能です。

Production Accountingの改善課題

  • 生産状況を報告
    • 定期的にプラント生産量、インベントリ、機器バランスの計算と確認
    • 正確な生産データ(入荷、インベントリ、出荷)を管理し、金融システムやその他に報告
  • 採算を含めた不確実な判断要素を最小化
    • 原材料調達のファイナンシャル・ヘッジ
    • 費用対効果がより良い天然混合物を購入
    • 流動資産(インベントリ)を削減
    • 効果的な生産計画/修正の作成
  • 改善のイニシアティブを方向付け
    • ロス(燃焼、ベント、リーク、ミス流量計、後工程への流出、その他 )の発生元と規模を識別。
    • 機器メンテナンスを優先
    • 新計装の必要性を識別し判断
    • プロセス知識の改善
  • 規制遵守条件を満たす (ファイナンシャルとガバメント)

Production Accountingツール使用のメリット

  • Bad計器、センサー、アナライザーを特定
  • 「締め」を要求した際の分析時間を短縮
  • 生産量採算機能を構築して、自動化
  • オペレーションとメンテナンスへのフィードバック

測定する事ができなければコントロールする事はできません。又、測定されていても、誤った値を測定していると尚悪い結果を提供してしまいます。

PARは、正確なプラントモデルを維持し、高速な計算により、アンバランスの発生している箇所を的確に示し、改善の方向付けを示唆します。

この為、信頼できる結果に基づいた直接的なビジネス・ベネフィットを提供します。

お問い合わせ

PAGETOP