現場作業のデジタル改革

リモート協業で現場作業を支援

Honeywell Forge Worker Assist

一般に、現場作業の実施中に異常や疑念が生じた場合に、その解消には時間がかかります。
無線などによる音声での確認や、いったん事務所や制御室に戻って手順の再確認、それでもわからない場合には応援要請を行うなど、手間・ムダ・ミスの温床となっています。

Honeywell Forge Worker Assist (ワーカー・アシスト) は、現場に持参するデバイスを通じて画面共有と音声による指示により作業を素早く完了しトラブルを迅速に解消できる、遠隔協業アプリケーションです。指示や確認を音声だけでなく視覚的に共有bしながら行えることで、正確かつ迅速に作業を完了でき、現場における生産性向上と、安全性向上に寄与します。

  • 安全第一 – 視覚と音声による協業・遠隔支援により問題を正確かつ速やかに解決することで、現場の安全性が向上します。
  • 生産性向上 – 画面を通じた状況確認や指示ができるので現場に応援を送る場面が減ります。チャットの内容や資料、録画した記録はクラウドのストレージに保管されるため、現場への持参資料や教育資料としても活用できます。
  • デバイス非依存 – Worker Assistは、AndroidやiOSをはじめとしたOSに対応しており、多様なデバイス (スマートグラス、タブレット、スマートフォン、ウェアラブル、高耐久性モバイルPC、一般的なPC) で使用できます。
  • 通信状況に応じた画面共有 – 電波の悪い環境でも帯域を狭めて画面共有を継続できるため、一般的な画面共有・協業アプリケーションと比べて多くの場面での活躍が期待できます。

現場巡回点検の電子化

Honeywell Forge Inspection Round

現場巡回点検は、点検内容を印刷したフォームに記入し、巡回終了後に、データを電子フォーマットに再入力するワークフローが多くみられます。このプロセスは非効率なうえに、ヒューマンエラーを誘引し、また機器の長期的な変化の確認も容易でないため、故障や予期せぬ停止を十分に防げません。
労働生産性だけでなく現場の安全性にも悪影響を及ぼすと考えられます。

Honeywell Forge Inspection Rounds (インスペクション・ラウンド) は、現場巡回点検を電子化して、業務の効率化とその管理を支援するモバイルアプリケーションです。規定した巡回点検項目に沿って、任意のモバイルデバイスを介して巡視データを電子的に記録していきます。
紙ベースの手作業によるプロセスを標準化されたデジタルプロセスに置き換えることで、作業の効率化、ミス削減による生産性向上、現場の安全性向上や機器の監視・保全の効率化を実現します。

  • 安全第一 – データを電子化して共有することで、保全の計画立案とスケジュール設定を効率化します。その結果、リスクが低下し、安全第一の操業を実現できます。
  • 巡回データの活用促進 – 現場で電子的に記録することでデータはその場でデジタル化され、書類の作成や管理を自動化するだけでなく、巡回情報の二次的利用を促します。
  • コンプライアンス強化 – 巡回記録を電子化することで、記録の管理や監査が容易になります。
  • 生産性向上 – ワークフローを標準化・電子化することで作業にスピードと効率性をもたらします。ヒューマンエラーを減らし、作業の習熟を促進します。
  • デバイス非依存 – 巡回に使用するモバイルデバイスは、AndroidやiOSをはじめとしたOSに対応しており、多様なデバイス(スマートグラス、タブレット、スマートフォン、ウェアラブル、高耐久性モバイルPCなど)で使用できます。
  • 通信不通でも点検継続 – 電波の届かない環境でも点検を遂行できます。点検完了後に結果のクラウドにアップデートすれば作業完了です。





お問い合わせ

PAGETOP